Menu

かかる費用と一般的な価格

電報

送るにはどれくらい必要

友人の結婚式の招待を受けたものの、諸事情によりどうしても欠席の返事を出さざるおえないときがあります。そんなときは、お祝いの気持ちを込めて電報を送りましょう。電報なら文字を入れられるので、十分にお祝いの気持ちを新郎新婦に伝えられます。また電報は昔からあるので、台紙にこだわらなければ1000円くらいからでも送れますし、お祝いの気持ちを込めて台紙にこだわっても4000円くらいから送れます。また、結婚式に人気の可愛いぬいぐるみやバルーンがついた電報でも4000円から10000円くらいから送ることが可能です。その他に電報にカタログをつけて送れるものもあり、こちらはカタログに収められている商品の内容によって価格に差があるのですが、7000円から20000万円くらいの価格の幅から選べます。このタイプは、カタログギフトと電報がセットになった商品になります。結婚式に送る電報にかかる費用は、NTTに依頼して送るとメッセージ料金と台紙料金とオプションサービスをつける場合はオプション料金と消費税がそれぞれかかります。メッセージ料金は文字数が増えると価格は高くなるので、メッセージはコンパクトにまとめて送るといいでしょう。また、NTTに依頼するときは直前よりもゆとりをもって依頼したほうが余分な料金がかからずにすみます。その他に、台紙は無料で送れるものもあるので、とにかく安く電報を送りたい人にはおすすめです。NTT以外の会社に依頼した場合にかかる費用は、メッセージ料金と消費税と送料代など全て含まれた金額で提示されることが多いので、総額に全てかかる費用が含まれています。結婚式の電報を送るときは、インターネットを通して依頼したほうが安くすみ、かつどのような電報が送れるのかなどカタログを画面上で確認できるのでなるべくインターネットで依頼するのがおすすめです。