Menu

祝福の気持ちを伝えるため

カタログを見る人

当日にセットで新郎新婦に

親戚や友人などに結婚式に招待されたものの、どうしても都合がつかず、参加できないという人は多くいます。そしてそのような人の多くが、お祝いの気持ちを伝えるために電報を利用したり、結婚祝いを贈ったりしています。電報や結婚祝いは、それぞれサービスの提供業者が異なっているため、従来は別途に手配する必要がありました。その分贈る側には手間暇がかかっていたのですが、近年では、電報と結婚祝いの品をセットで届けるというサービスが提供されるようになっています。このサービスを利用すれば、結婚式場に電報と結婚祝い用のカタログギフトを一緒に届けることも可能なのです。電報は通常、結婚式や披露宴の最中に、司会者によって紹介されます。同時にカタログギフトも出されるので、別々に贈る場合と比べると、新郎新婦に与えるインパクトは大きいと言えます。これにより、祝福の気持ちを結婚式当日によりしっかりと伝えることが可能となるのです。手間暇が少なくなる上に効果が高いのですから、電報とカタログギフトをセットにしたサービスは注目されています。もちろんカタログギフトは、予算に合わせて複数の種類のものから選択できます。いずれのカタログにも、生活必需品やファッションアイテム、食品など、魅力的なギフトが多く掲載されています。その中から新郎新婦は、必要性や好みを考えながら、ギフトを自由に選んで受け取ることができます。つまり外れのない結婚祝いとなるわけですから、この点からもサービスの需要は高まっています。